It's ME Campとは

はじめに

はじめまして!多文化市民メディア「DiVE.tv(ダイブ・ドット・ティヴィ)」代表の牧野佳奈子と申します。

私たちは、愛知県内に住む外国人と日本人のコミュニケーション促進を目指して、インターネットメディアを運営しています。これまで150以上の動画制作を通して、数百人の外国ルーツの人たちにインタビューしてきました。

しかも、私たちの活動には一般の人が誰でも参加でき、取材を通して異文化を深く知ることができます。直接的にも間接的にも、異文化コミュニケーションをすすめることが私たちのミッションなのです。

コミュニケーションを促すには様々な方法がありますが、私たちはまず、異文化理解に必要な「情報提供」から始めることにしました。
日本人に向けては外国人の文化情報を、外国人住民に向けては日本の生活情報を、できる限り伝わりやすいように編集し、各ターゲットに向けて視覚的に伝える努力をしています。

kanachan

エンパワメント × キャリア教育

外国にルーツをもつ20歳未満の若者は、愛知県だけで約5万人(2018年12月現在、約4.8万人)おり、多くの場合、日本の公立・私立学校、外国人学校、夜間中学など様々な形で学校教育を受けています。

しかし言葉の壁や見た目の違いにより、いじめの対象になりやすかったり、適切な進路指導を受けられずに将来の展望が描けない生徒が少なくありません。中には非行に走ったり、引きこもりに陥ったり、自殺してしまう若者も存在します。

その状況を少しでも改善するには「エンパワメント(自己肯定感を高めること)」と「キャリア教育(職業の選択肢を示すこと)」が大切ですが、若者への情報提供は、大人と同じようにSNS拡散するだけではうまくいきません。

そこで、若者が集まる「場づくり」として、2017年に『It's ME Camp』を始めました。(当時の名称『BBQ Camp』を2018年に改称)

参加者がアートを通して自由に自己表現し、自分らしさを見つめ直し上で将来の仕事を考えるプログラムを実施しています。

多文化 × 多世代 × 多背景

『 It's ME Camp 』は、次のようなスタイルで行っています。

  1. マイノリティをつくらない
  2. 言葉を統一しない
  3. 我慢しない
  4. 自分で考えて動く
  5. 遊びと学びをバランスよくやる

特に共通言語を指定していないため、参加者はジェスチャーや英語などを駆使してお互いに意思疎通を図ります。
(必要なアナウンスには通訳をつけます)

ゲームやアートワーク、キャンプファイヤー、BBQなどを経て、最後には心から別れを惜しむようになる参加者たち。その表情からは、新たな友人ができた喜びだけでなく、自分の世界が広がった清々しさが感じられます。

bg3
過去のキャンプ実績

2017年 9/30~10/1 @アウトドア・ベース犬山キャンプ場、30人参加
2018年 11/17-18 @豊田市総合野外センター、50人参加
2019年 11/2-3 @愛知県野外教育センター、80人参加